呆けすとら
呆ケジュール
呆の者
何でも書き呆題
呆メール
呆けすとらお友達の輪
呆生なま写真
呆り出し物

 更新情報
「呆けすとら」とは?

【ライブ情報】


2011年7月18日(月・祝)

真夏ノ夜ノ夢2011
at 八幡デルソル




※詳しくは呆ケジュールをご覧下さい



呆けすとらは、サイケデリックジャムバンド「ドグラマグラ」のメンバーを中心に、1997年夏、活動開始。
ありとあらゆる楽器や声(ドラムス、ベース、ギター、パーカッション、キーボード、サックス、トランペット、トロンボーン、尺八、フルート、ヴァイオリン、うた、チンドンなど)で、あらゆるジャンル・スタイル(ロック、ファンクやジャズ、ブルース、民謡や演歌、そしてアジアやアフリカ、ラテンアメリカの音楽)が渾然一体となった演奏を即興的に展開する。さらに舞踏、ダンス、パフォーマンス、芝居、アート、映像が絡む。
あまりにも自由に、ケレン味たっぷりに、派手に、無遠慮に歌い踊るその様は、到底「理性的で賢い」とは言い難い。
そんな「歌舞伎者」の管弦楽団だから「呆けすとら」("Houkestra")。そこまで歌い踊らなくてもいいのに…。そう思われてこそ、「呆けすとら」。

きわめて自由ではあるが、難解さは一切ない。呆けすとらはただ聴衆観客を音楽のお祭りへと巻き込み、煽り立てていくだけだ。

1997年ビデオ「呆けすとらライブ!」発表。同年より年末のホームレス越冬支援ライブ「呆けすとら歌舞音曲スペクタクルショウ!」開始。
1999年北九州ミュージックプロムナード参加。2006年NHK出演の際、「呆」の字が放送コードにひっかかる。

呆けすとらは、百鬼夜行。そして得体の知れぬ妖怪変化・モノノケどもはいつも水辺や村外れ、昼と夜、夢と現の「境目」に出現する。「境」は常人の住む所ではなく、死者と生者の行き交うところ。いつとも、どこともつかない不思議なところ。権力や権威の対極にある人々が住み、力を持つ者をおびやかす爆発的なエネルギーが沸々と渦巻くところ。呆けすとらは、そんな「境目」で、声を嗄らして歌い、踊り狂う。世界に満ちてる歌や叫びに響きながら。

来タレ、イザ!阿呆ノ祭ヘ。
踊レ、イザ!名ヅケヲ拒ム音ドモトトモニ。
疾風怒濤の雨アラレ、フリーにファンクにじゃずロック、歌舞に音曲、踊らにゃソンソン!